思春期の消えない悩みであるニキビ跡も専門家に相談

ニキビの存在を忘れよう

女性

効果を実感できるから

ニキビは、皮膚に住んでいるアクネ菌が原因で引き起こされる皮膚の疾患です。思春期に皮脂が過剰に分泌されることで、多く発生します。また、大人になってからも、ストレスなどが原因でニキビができることがあります。ニキビは治すのも大変ですが、ニキビ跡を消すのが難しいという問題があります。ニキビ跡には、色素沈着系のものとクレーター状のものがあります。色素沈着系は、シミと同じで、色むらとして残るものです。クレーター状の跡は、ニキビがつぶれたり炎症を起こすことで、月の表面のように肌に凹凸が残るものをいいます。いずれも、効果的な治療方法として、レーザー治療があります。美容皮膚科で受けられるレーザー治療の人気は非常に高いです。これは、ニキビ跡の種類に応じて、適切なレーザーを使い分け、確実に肌をきれいにしていくからです。レーザーをあて続けることで、色素沈着は徐々に薄くなっていきます。クレーターの場合、レーザーをあてることで、コラーゲンの再生が促され、徐々に滑らかな肌質に変わっていきます。

美容皮膚科に行くのなら

ニキビ跡を自分で治そうとしても難しいです。美容皮膚科の力を借りるのが、一番確実な方法になります。しかし、美容皮膚科の技術だけに頼るのではなく、医師のアドバイスを聞きながら、自らニキビができにくい生活習慣にするような努力も必要になります。たとえば、コンビニ弁当ばかりに頼った食生活を見直し、野菜を中心として自炊生活をするなど、工夫が必要です。睡眠もニキビに影響を与えます。睡眠中に肌が生まれ変わるため、質の良い睡眠を、十分な時間とれるように工夫する必要があります。適度な運動も美肌確保には大切です。美容皮膚科の中には、こうした生活習慣に関するアドバイスをしてくれるところがあります。ニキビをなくし、ニキビ跡を消すことに真剣になってくれる病院からのアドバイスはとても役に立ちます。ニキビ跡を消す治療だけを継続しても、新たにニキビができ続けていては、いたちごっこになります。生活習慣を工夫することで、はじめて、ニキビのない美しい素肌に近づいていくことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加